陶芸教室で貸してくれる道具

陶芸教室に通うメリットとして、陶芸に使用する道具を全て無料で貸してくれるという点も大きな魅力だと言えます。
陶芸に使用する道具を全てイチから揃えようと思ったら、初期費用が高くなってしまいます。
また初心者の段階で、自分に合った道具を選ぶのは難しいと言えます。
陶芸教室でいくつかの道具を使用しながら、自分の手に馴染む道具を徐々に揃えていくという方がいいでしょう。

では陶芸を作る過程で、どのような道具を使用するのか道具の種類について紹介します。
まず粘土の際に、使用する道具としては「かめ板」は、練った粘土をろくろで成形する時に回転テーブルの上で粘土を固定するために使用する板です。かめ板のサイズは、作る器のサイズに合わせて選ぶといいでしょう。

「粘土板」は粘土を練る時や、ろくろで成形し乾燥させる時に使用する板です。
「粘土吸水盤」は、成形する際に出た削りカスや余った粘土を再生するための道具です。
「粘土吸水盤」に水を入れて泥上にして、日陰で放置しておくと、再び柔らかい粘土に戻るので、余った粘土も無駄なく使う事が出来ます。

では次に、粘土を成形する際に使用する道具について紹介していきます。
粘土を成形する際には、ベラを使用しますが、ベラには色々と作りたい形によって使い分けるのがポイントです。
「彫塑べら」は、指先では難しい細部の仕上げに使用したり、表面を滑らかにする際に使用したりするべらです。
「かきべら」は、粘土が柔らかい状態の時に使用しやすく、表面を削ったり、表面に模様をデザインしたりする時に使用します。

その他、特殊へらとして、「線描べら」「土かき丸べら」「馬かき」など色んな種類のベラがあります。
なので、このベラを使えば、どんな成形が出来るのか分からない場合は、一気に道具を覚えるよりも一つ一つ陶芸教室の先生に教えてもらうといいでしょう。

「成形こて」は言葉どおり、成形する際に形を整えるために使用します。
特に自分では手が届きにくい、内側部分を成形するのに便利な道具です。
粘土を成形する際に使用する道具は、まだまだたくさんありますが、全ては紹介出来ないので、次は絵付け、施釉の際に使用する道具を紹介します。

普段見慣れない道具としては「釉がけハサミ」というハサミがあります。
ハサミといっても粘土をカットする訳ではなく、釉がけをする時に器を手でもってしまうと指紋がついてしまいます。
指紋をつけずに、また釉がけで手が汚れないためにも、「釉がけハサミ」で器を挟んで釉を掛ける道具です。

「比重計」とは液状の釉薬の比重を計るために使用する道具です。
ただし釉薬を自分でオリジナルを作る場合は、必要不可欠ですが、陶芸教室で用意された釉薬の場合はキチンと比重を考慮されて調合されています。なので、あまり使用する機会はないかもしれません。

絵付けの道具に関しては、筆や絵の具皿など美術の時間にお馴染みの道具なので、使い方は分かりやすいと言えます。
焼成の際に必要な道具も数多く存在しています。

しかし基本的に陶芸教室では、焼成は生徒自身が行う訳ではありません。
生徒は器を作り、それを陶芸教室がまとめて焼成を行う形が一般的だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です