自分に合う陶芸教室の選び方

陶芸教室と一言でいっても、本当に数多く存在しています。
そして陶芸教室によって通いやすさや、作業のしやすさ、器の仕上がりなどが大きく異なってきます。
では何を基準に選べば、自分に合う陶芸教室を選ぶ事が出来るのか、その基準について紹介します。

まず陶芸教室の通いやすさについてですが、自宅や通勤先に近く通いやすい事が必須条件となります。
陶芸は初心者でも器を作る事自体は可能ですが、すぐに自分がイメージする器を作れる訳ではありません。
基礎を学んで技術や知識を身に着けて、徐々に自分の理想のイメージを形づくれるようになると言えるでしょう。

そのため長く続けられる趣味として、陶芸を始めて欲しいので、長く通う事を第一に通いやすさで選ぶ事は大切です。
また通いやすさとは立地条件だけではありません。
陶芸教室によっては、週に1回のペースで、決められた曜日に決められた時間帯にレッスンを受けるという形の教室もあります。しかし陶芸教室に関しては、フリー制になっている教室も少なくありません。
フリー制とは、陶芸教室が開放されている時間帯であれば、好きな時間、好きな曜日に訪れて作業に取りかかる事が出来ます。そして教えて欲しい事があれば、自分から陶芸教室の先生に声をかけて、アドバイスをもらうという方法です。
ただし、生徒数が多すぎるとなかなか先生に声をかけづらい状況になってしまいます。
なので、生徒数に対して先生やアシスタントがどれぐらいの割合でいるのか、少人数制が望ましいと言えます。
目安としては、10人の生徒に対して先生は1人が目安となります。
また少人数制の方が、アットホームで雰囲気がいい傾向があります。

教室の広さに関しては、広い方が道具を広げて作業しやすいと言えます。
また釉掛けのスペースと成形のスペースは、別に用意されている方が作業はしやすくなります。

器を作る上で陶芸教室の雰囲気も重要視するべきだと言えます。
あまり陶芸教室に、ギスギスした気持ちで通う人はいないと思います。
ですが静か過ぎて緊張し、せっかく陶芸教室に通っているのに淡々とした雰囲気では、趣味の友達が作れません。
せっかく陶芸という共通の趣味を持っているわけです。
趣味を通じて新しい友達を作れるチャンスや陶芸に関する情報交換など、より趣味を深める場として下さい。

そして陶芸教室を選ぶ上で重要なのが、陶芸教室の先生がどんな人なのかという点です。
先生の人柄や自分との相性。
またどれぐらい陶芸家としての実績があり、プロとして活動しているのかどうか。
技術と知識も兼ね備えていなければいけません。

陶芸家になるには、特に資格が必要な訳ではありません。
ですが独学で学んだ先生よりも、大学などで専門的な知識をしっかり学んでいる先生の方が望ましいと言えます。
またどれだけ作品が優れた先生であっても芸術家肌の先生すぎると、人に教えるのは下手というケースもあります。
弟子であれば、陶芸家の先生の技を見て覚えるのもありだと思います。
しかし陶芸教室では、やはり分かりやすく教える事が出来る先生でなければいけません。

あと実作業工程の範囲やコースについても、自分に合った内容で選ぶ必要があります。
実作業工程は、少なすぎたら物足りないと感じ、多すぎると大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です