山田流箏曲 山登松和
山登松和プロフィール

山登松和(やまと しょうわ)プロフィール


1966年 東京都生まれ
      本名・佐野浩久    
      祖母 山登愛子より手ほどきを受ける

1974年 中能島欣一師に師事

1984年 鳥居名美野師に師事
1989年 東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業

     在学中、
          増渕任一朗・木原司都子(山勢松韻)の各師に師事
     安宅賞受賞

     河東節(三味線)を山彦さわ子師、
     荻江節(三味線)を荻江さわ師に師事

1990年 赤坂御所にて御前演奏 
      平成2年度文化庁芸術家国内研修員

1991年 東京藝術大学院修士課程終了
      芸名 山登弘久を名乗る

1994年 国際交流基金派遣専門家として
                アフリカ4ヵ国公演に参加

1995年 東京藝術大学非常勤助手を務める(95,96,01年)
      河東節(浄瑠璃)を山彦節子師に師事、
      山彦登の名を許される

1999年 山登派七代家元 山登松和を襲名、
      国立劇場にて襲名披露演奏会を行う

2001年 ビクター財団賞奨励賞受賞

2002年 山登松和コンサート(和音)
      第一回 山登松和の会(紀尾井小ホール)にて開催し、
      平成14年度文化庁芸術祭優秀賞受賞

2003年 荻江さわ師より 荻江登の名を許される

2004年 山登松和コンサートin札幌(ザ・ルーテルホール)開催

2006年 第二回 山登松和の会(国立劇場)にて開催
2008年 松尾芸能賞新人賞受賞

山登会主宰、(社)日本三曲協会理事、
山田流箏曲協会理事、 箏曲新潮会会員、
箏曲組歌会会員、曠の会同人、円の会同人、
跡見学園中学・高等学校箏曲講師

 

copyright(c)2007 Showa Yamato All rights reserved